スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

富山)富山第一決勝逃す 北信越高校野球

2019年6月4日03時00分

シェア

 第140回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は3日、富山市民球場(富山市下飯野)で準決勝2試合を行った。富山第一(富山2位)は星稜(石川1位)に2―5で敗れた。4日の決勝は星稜と敦賀気比(福井2位)が戦う。

 富山第一の1番打者、波岡和哉選手(3年)の戦いはいつも、試合開始前に始まっている。相手投手の投球練習で球筋を見極め、打つタイミングを計る。1番打者がチームの雰囲気をつくると思い、出塁することを心がけている。

 この日もじっくりと投球練習を眺め、「よし。直球は打てるぞ」と一回の打席に向かった。3球目に狙っていた直球がきて、思い切りたたくと打球は左前へ。「逆らわずに強い打球を打つことができた」と振り返る。

 この冬、強豪チームの投手の威力のある速球にも打ち負けないよう、ウェートトレーニングに取り組み、体重は7キロ近く増えた。「相手投手がどんな球を投げても鋭く振り抜けるようになった」と話す。

 1日と2日の試合でも一回に安打を放って出塁。2試合とも先制のホームを踏み、チームを勢いづけた。

 しかし、この日は三塁まで進んだものの、ホームは踏めなかった。五回にも安打で出塁したが、ホームは遠かった。

 チームは敗れたが、「良い形で振れていると思う」と自身の打撃を評価。1番打者としてチームを引っ張り続ける。(田島知樹)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン