スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)星稜4-2で勝利、準決勝へ 北信越高校野球

2019年6月3日03時00分

シェア

 第140回北信越地区高校野球大会の準々決勝が2日、富山県内の2球場であった。県勢では星稜が東海大諏訪(長野)に4―2で勝利し、準決勝進出を決めた。3日、富山市民球場で富山第一(富山)と戦う。

 ■強気の攻め、投打で躍動 星稜・荻原吟哉投手(2年)

 強力打線が売りの東海大諏訪(長野)を相手に、小柄な体がマウンドで躍動した。

 星稜の先発を任されたのは荻原吟哉(ぎんや、2年)。170センチ、70キロと小柄ながら、130キロ半ばの直球と、120キロ前半のスライダーのコンビネーションで強気に攻める投球が持ち味だ。

 1日の初戦では、エースの奥川恭伸(やすのぶ、3年)の後を継いで七回から登板。砺波工(富山)を2安打無失点に抑えた。監督の山下智将(としまさ)は「調子が良かったので、次の試合は荻原でいこう」と送り出した。

 この日も、その期待にきっちり応えた。低めを意識しながらストライクゾーンを広く使い、テンポ良く投げた。七回1死に本塁打を浴びて降板するまで、東海大諏訪打線を2安打無失点に抑えた。

 「春の県大会以降、いま一つ調子が上がらなかった」と荻原。練習試合を重ねる中で、「ある部分」を修正し、今大会では好調を取り戻したという。

 それは、振りかぶったとき、普段より少しだけ高く足を上げること。体重移動がスムーズに出来るようになって体のキレが増し、直球が打者の手もとで伸びるようになった。決め球のスライダーの曲がりも格段によくなった。捕手の山瀬慎之助(3年)も「今日も受けていて楽しかった」と手応えを感じていた。

 この日は打撃でも六回2死に左前へ2点目となる適時打を放つ活躍。荻原は「七回に体力が切れてしまったのは課題だが、今日の投球は次につながる内容だった。チームに貢献して優勝したい」と話した。=敬称略(岡純太郎)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク