スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福井)北信越高校野球 敦賀気比が4強 工大福井は惜敗

2019年6月3日03時00分

シェア

 第140回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は2日、富山県内の2球場で準々決勝4試合があった。福井県勢の2校はこの日、明暗が分かれた。大会初戦となる工大福井は序盤の失点が響いて、富山第一に2―5で惜敗。一方、敦賀気比は高岡第一(富山)を5―3で破り、4強入りを果たした。準決勝2試合は3日、富山市民球場で。敦賀気比は日本文理(新潟)と対戦する。

 ■勝負強い打者になりたい 工大福井主将・高原侑希君

 九回裏、工大福井は犠飛で1点を返して3点差に縮め、なお2死一、二塁の好機。主将の高原侑希君(3年)に打席が回ってきた。大きく体を伸ばしてから、バットを構えた。

 「後ろにつなごう」。3球目、外角高めの直球を振った。打球は右翼線ぎりぎりに高く上がった。それを相手右翼手が好捕。自身が最後の打者となり、うつむきながら整列に向かった。

 持ち味の長打力を生かして、昨秋は打線の中軸を担った。しかし、中軸なしでも競り勝てるようになろうと、チームの方針で今春の福井県大会では冬場の練習で成長してきた部員たちに出場の機会を譲って、経験を積んでもらった。

 このため、この日は久々の公式戦先発出場。「自分が打たないとチームが乗ってこない」と気合は十分だったが、結果を出せなかった。

 得点圏に走者を置いた好機もものにできず、終わってみれば4打数無安打。夏への課題を残した。「どんな球が来ても全部打てる勝負強い打者になりたい」。試合後は次を見据えた。(平野尚紀)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン