スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岡山)関西、広島商破り決勝へ 春季中国高校野球

2019年6月3日03時00分

シェア

 第132回春季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の準決勝2試合が2日、広島県三次市の三次きんさいスタジアムであった。関西(岡山)、高川学園(山口)が勝ち上がった。決勝は3日午前10時から同球場である。

■フルスイング制度増す、3安打2打点の大活躍 関西・岩本皓多君

 体がぐにゃりとねじれるほど、思い切りバットを振る。関西の主砲で、捕手の岩本皓多(こうた)君(3年)の持ち味はフルスイングだ。さらにこの日は、球をとらえる確実性も精度を増し、3安打2打点の大活躍だった。

 同点の五回、無死三塁の好機に打席が回った。「絶対決めてやろうと思っていた」。初球の変化球を引っ張ると、打球はあっという間に右中間を破った。

 先制した直後の一回裏の守りでミスが出た。暴投で三塁を狙った二塁走者を刺そうとしたが、まさかの悪送球で生還を許した。「やってはいけないミスだった」。打線を引っ張ることで、ミスを帳消しにした。

 打撃の課題に「打ち損じが多いこと」を挙げる。今春から、練習で使うバットは全て木製に変えた。「芯でとらえないと木製は飛ばない。意識も変わり、少しずつ成果が出てきた」と手応えを語る。

 3日の決勝に向け、「チームを勝たせる打撃をしたい。芯でガツンと打ちたいです」。頂点をつかむためのキーマンとなりそうだ。(華野優気)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン