スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

富山)富山第一が準決勝へ 北信越高校野球

2019年6月3日03時00分

シェア

 第140回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は2日、県内2球場で準々決勝4試合を行った。富山第一(富山2位)が工大福井(福井1位)に勝ったが、高岡第一(富山1位)と国際大付(富山3位)は敗れた。3日は準決勝2試合があり、富山第一が星稜(石川1位)と対戦する。

 ■ここぞの場面で打ちたい 高岡第一・竹内祥人選手

 バットがボールをはじく鋭い音が響くと、打球は大きな弧を描いて左翼席へと向かっていった。

 五回裏1死、高岡第一の竹内祥人(よしと)選手(3年)は「何とか空気を変えたい」と打席に向かった。それまでチームは1安打に抑えられ、相手に3点差をつけられていた。

 フルカウントから甘く入ってきたスライダーを思い切りたたいた。1点を返す本塁打に「重い雰囲気を変えられた」とガッツポーズを見せた。

 「打撃より走塁と守備が得意」という竹内選手。50メートル6秒3の俊足と堅実な守備が持ち味で、村本忠秀監督も「基本的には守備の選手」と見る。ただ、「練習試合でもたまにやりよるんですよ」と村本監督が話すように、長打で流れを変える力もある。冬の間も、守備力を磨く一方で、スイング力をアップさせようと時間を見つけてはバットを振り込んできた。

 九回裏、2点差に迫ってなお2死一、二塁で打席が回って来た。しかし左飛に打ち取られ、試合終了。「ここぞという場面では相手もギアを上げてくる。そんな場面で打てるようにしたい」。夏に向けてさらにバットを振り込んでいく。(田島知樹)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン