スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

富山)富山第一、国際大付が準々決勝へ 北信越高校野球

2019年6月2日03時00分

 第140回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は1日、富山県内2球場で1回戦4試合を行った。県勢は富山第一(富山2位)と国際大付(富山3位)が準々決勝に進んだが、砺波工(富山3位)は星稜(石川1位)に敗れた。2日は準々決勝4試合があり、高岡第一(富山1位)が敦賀気比(福井2位)、富山第一が工大福井(福井1位)、国際大付が日本文理(新潟1位)と対戦する。

 ■夏へ「スタミナが課題」 砺波工・黒田俊希投手

 六回表1死一、三塁のピンチで、砺波工のエース、黒田俊希投手(2年)は打席に立った星稜のエース、奥川恭伸投手(3年)と向かい合った。プロも注目する奥川投手と投げ合い、ここまで相手打線には1点しか許していない。追加点を許してはいけない場面、黒田投手は自信のある直球で勝負を挑み、二ゴロで併殺に。「よっしゃ!」。無失点で切り抜け、黒田投手は笑顔でベンチに戻った。

 186センチの長身から投げ下ろす140キロ近い直球が武器。昨夏のエースの大菅稜馬投手(3年)も控えるが、直球に鋭いスライダーと緩いカーブを織り交ぜた投球が評価され、エースナンバーを背負う。

 この日、昨秋の北信越の優勝チームを相手にしても「特に意識はしなかった」。強力打線に対して「調子が良かった」という直球を低めに集め、六回まで1失点。高橋将志監督も「六回までは本当に良く投げてくれた」と話す。

 終盤に球が浮き、甘くなった投球を痛打されて9回を投げて計6失点。「最後まで自分の球を投げきるスタミナが課題。もっと投げ込んで走り込まないと」。チームの目標の甲子園出場に向け、さらなる成長を誓った。(田島知樹)

地方大会のライブ中継をアプリで楽しもう!

観たい試合を見逃さない!地方大会から甲子園の決勝まで、ライブ中継開始の通知をアプリで受け取ろう。

スポーツブルアプリアイコン

スポーツブル

  • Google Play
  • App Store

QRコード

動画

注目動画

一覧へ

バーチャル高校野球の大量にある動画の中から、今、特に見てもらいたい動画をピックアップしました!

企画動画

一覧へ

朝日新聞社と朝日放送テレビが独自の目線で、さまざまな角度から高校野球にアプローチします!
高校野球新世紀
利根商・豊田監督

おすすめ動画

こちらの動画はご覧になりましたか?バーチャル高校野球からあなたへ「おすすめ」したい動画です!
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています

話題の記事

おすすめソーシャルアカウント

スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票 甲子園ベストゲームファイナル
第101回オフィシャルグッズ
新たに刻む、ぼくらの軌跡。
高校野球DVD販売サイト
第49回 明治神宮野球大会
地方大会の写真販売
観戦記念号外

許諾番号:9016200058Y45039

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報を配信中!フォローしてあなたも「高校野球通」になろう!!