スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)春季中国地区高校野球、4強決まる 大社は敗退

2019年6月2日03時00分

シェア

 第132回春季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が1日、広島県三次市の三次きんさいスタジアムで開幕した。関西(岡山)、広島商(広島)、如水館(同)、高川学園(山口)が4強に勝ち上がった。準決勝は2日、関西―広島商(午前10時)、如水館―高川学園(午後0時半)が同球場である。

■制球さえ、チーム鼓舞 大社・投手渡部天馬君

 「まずは、1人目。先を見ずに打ちとっていけば、流れは変わるはずだ」。0―3で迎えた四回表に交代でマウンドに向かった大社の投手渡部天馬君(3年)は自分にそう言い聞かせ、如水館(広島)の打線に向き合った。

 持ち味の制球力と緩急をつけた投球で相手バットの芯を外し、テンポよく打たせてとり、この回を三者凡退に抑えた。五~七回は毎回走者を出すも、要所を締めて無失点で切り抜けた。チームは渡部君の好投に応えるように、六、七回に得点を重ね、同点に追いつく。石飛守監督は「渡部はよく投げてくれた。しっかりコントロールされていたし、直球も切れていた」と評価する。

 「こんな大舞台で投げるのは初めての経験でした」。昨秋の県大会からメンバー入り。チームは県大会を制したが、渡部君は続く秋の中国大会のメンバーからは漏れた。その悔しさを胸に、冬場は効率的な体重移動を模索するなど、投球フォームの改善に力を入れた。冬を越えて迎えた今大会。その成果が表れた。「球速が上がり、制球も安定した。如水館の打線は強力だったけど、自分の投球が通用した実感がある」

 目指すは、夏に向けた更なる飛躍だ。「中国大会という大舞台で投げたことは自信になる。細かいコントロールを大事にして、もっと成長していきたい」(浪間新太)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン