スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)星稜が準々決勝、航空石川は惜敗 北信越高校野球

2019年6月2日03時00分

シェア

 第140回北信越地区高校野球大会が1日、富山県内の2球場で開幕し、1回戦4試合があった。県勢は星稜が砺波工(富山)に6―0で完封勝ち。航空石川は敦賀気比(福井)に0―1で惜敗した。星稜は2日、富山市民球場で東海大諏訪(長野)との準々決勝に臨む。

 ■3安打2打点、実力を発揮 星稜・東海林航介選手(3年)

 ベンチやスタンドからの声援を背に、星稜の東海林航介(3年)は集中力を高め打席へ向かった。来た球をコンパクトにはじき返そう、と。

 両チーム無得点の二回表2死一、二塁の好機。初球の外角のスライダーを振り抜くと打球は中前へ。先制の適時打となった。「つなぐことだけを考えた」

 春の県大会では2本塁打を放ち、長打力もある。この日、最初の打席はフルカウントまで粘ったが捕飛で凡退。第2打席からバットを指2本分短く握り、ミートを心がけたのが功を奏した。「ボールを体の近くまで引き付けられたのでいい打撃ができた」と振り返る。

 1点先制したものの、星稜は相手投手の変則的なフォームにタイミングを外され、六回まで6安打を放つも追加点が奪えずにいた。七回表1死、再び東海林。砺波工の打線を六回まで2安打に抑えていた先発の奥川恭伸(3年)を「苦しい状況で投げさせたくない」と打席に入った。

 2球目のストレートを引っ張ると右翼線上へ。三塁打を放ち好機を作り出した。「打った瞬間に三塁まで行ってやると決めていました」。その後も内野安打を放つなど、3安打2打点の活躍だった。

 監督の山下智将(としまさ)も「1打席目がだめでも、次の打席で修正できる能力の高さを持っている」と評価する。東海林は「みんなが打てない時に打ってチャンスメイクできるような打者になりたい。次の試合も頑張ります」と意気込んだ。=敬称略(岡純太郎)

話題の記事

ライブ中継をアプリで楽しもう!

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク