スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島)広島商、如水館が4強 春季中国高校野球

2019年6月2日03時00分

シェア

 第132回春季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が1日、広島県三次市の三次きんさいスタジアムで開幕した。関西(岡山)、広島商(広島)、如水館(同)、高川学園(山口)が4強に勝ち上がった。準決勝は2日、関西―広島商(午前10時)、如水館―高川学園(午後0時半)が同球場である。

■自分らしい打撃、夏も 広・織田悠汰君

 四回裏2死一、二塁。この日、広が初めて得点圏に走者を進めた。ゆっくりと打席に向かう織田(おりた)悠汰君(2年)を、角原圭祐主将(3年)が呼び止めた。「前の打席は織田らしいスイングじゃなかった。思い切って行ってこい」

 第1打席では、相手投手にタイミングが合わず、空振り三振を喫した。「ここはチャンスだ」。角原主将の言葉を胸に、気持ちをバットに込めて初球から勢いよくバットを振り抜いた。

 甘い変化球をはじき返した打球は一、二塁間を抜けて右前へ。適時打になるかと思いきや、相手の好返球で本塁でアウトに。「あそこで点が入れば、流れに乗れたのに」。悔しさをにじませた。

 昨秋の県大会は準々決勝で広島新庄に5―7で惜敗し、ベスト8止まり。冬場は「体を大きくし、パワーをつける」ことを目標とし、ウェートトレーニングに励み、ベンチプレスで110キロを持ち上げられるまでに力をつけた。

 また、地の利を生かし、部の仲間たちとカッターをこいで江田島(江田島市)と宮島(廿日市市)を往復する練習で、全身の筋力を強化。「団結力が強まったし、つらい時でも諦めない心が鍛えられた」と話す。

 初の出場となった中国大会もチーム一丸となって立ち向かったが残念な結果に。でも大きな自信を得た。「先輩たちが後悔しない夏にするために、自分もしっかり練習して、勝利に貢献したい」(高橋俊成)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン