スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福岡)高校野球の伝統校対決「明伝戦」、明善が勝利

2019年5月30日03時00分

シェア

 明善高校(久留米市)と伝習館高校(柳川市)の野球部の定期戦「明伝戦」が29日、久留米市野球場であった。ともに創部110年以上の伝統を持つ。野球を通じて郷土愛、母校愛を育んでもらおうと、昨年初めて行われた。新たな伝統は今年も受け継がれ、全校生徒や卒業生らがスタンドに駆けつけ、声援を送った。

 開会式では、伝習館3年で生徒会長の東哲平さんが「前年度の激闘からはや1年。今年も素晴らしい試合を期待します」と開会を宣言。その後、伝習館の平塚健士校長が「筑後地区の活性化を目的に昨年より始まり、2回目を迎えた。全校応援を通じて母校愛、郷土愛を再認識してください」とあいさつした。

 試合は、伝習館が一回裏に1点を先制したが、明善が二回表に2点を入れ逆転に成功。明善がその後も着実に加点し、16―2で伝習館を昨年に続き破った。

 試合後の閉会式で、明善の内田武文校長が「プレーと応援で、若さという宝物を存分に見せてもらった。若さをこれからの学校生活にぶつけてください」とあいさつ。明善3年で生徒会執行委員長の中野宰允(ただよし)さんが「全力でプレーする姿を見て、応援にも熱が入り、グラウンドが一つになったと思います」と閉会を宣言、今年の明伝戦が幕を閉じた。

 明善は旧久留米藩校、伝習館は旧柳川藩校にそれぞれルーツを持つ県立高。明善野球部は1897年、伝習館野球部は1901年ごろの創部と伝わる。(倉富竜太)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン