スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岩手)花巻東が2年連続V 3位盛岡大付、東北大会へ

2019年5月27日03時00分

シェア

 第66回春季東北地区高校野球岩手県大会(県高野連など主催、朝日新聞盛岡総局など後援)の決勝が26日、野田村のライジング・サン・スタジアムであり、花巻東が盛岡四を9―3で破り、2年連続8回目の優勝を果たした。3位決定戦では盛岡大付が専大北上に8―1の7回コールドで勝利し、東北大会への切符を手にした。今大会で上位8校に入ったチームには、夏の第101回全国高校野球選手権岩手大会でシード権が与えられる。

 ■強豪から一発「自信」 盛岡四・高見怜人選手

 七回裏2死、盛岡四の高見怜人選手(3年)が打席に立った。相手には7点差をつけられている。

 「自分が流れを変えるしかない」。初球。内角低めの直球を振り抜くと、打球はアーチを描いて右翼側の外野席に吸い込まれた。「っしゃあ!」。ベンチで仲間に迎えられ、喜びを爆発させた。

 秋の県大会、チームは2回戦で一関学院に敗れた。高見選手は冬場に打撃フォームを見直し、帰宅後も毎日素振りを欠かさなかった。努力の成果がここにきて表れた。

 昨夏の岩手大会を制した花巻東のエース、最速147キロの右腕西舘勇陽投手(同)から本塁打を奪ったことは「今後の自信になる」と胸を張る。一方、今大会ではチームが劣勢の場面でベンチが落ち込み、その雰囲気がプレーにも影響したことは反省点だ。

 結果は準優勝だったものの、20年ぶりの決勝進出を決めた盛岡四。「県大会を通じて(盛岡大付のような強豪)私立を倒せた。(東北大会では)公立校として県代表の名に恥じないよう、自分たちのやってきたことを信じてプレーをする」と前を向いた。(御船紗子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン