スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)春季近畿高校野球大会、智弁学園と近江が4強入り

2019年5月26日03時00分

シェア

 春季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催)が25日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで開幕した。この日は1回戦2試合があり、智弁学園(奈良1位)が智弁和歌山(和歌山)を、近江(滋賀)が高田(奈良3位)をそれぞれ破り、4強入りを決めた。

 1回戦の残り2試合は、26日に同球場である。第1試合(午前10時)は郡山(奈良2位)と大商大(大阪)、第2試合(午後0時半)は神戸国際大付(兵庫)と京都国際(京都)が対戦する。

 ■昨秋の大敗 悔しさ闘志に 智弁学園 吉村誠人君

 4点を追う六回裏、智弁学園の4番、吉村誠人君(3年)は無死満塁の絶好の好機に打席に立った。「なんとしても点を取りたい。4番の仕事をしよう」

 フルカウント。アウトコース高めの直球を振り抜くと、確かな手応えを感じた。打球は右中間を大きく越え、スタンドの芝生に落ちた。「しゃー!」。本塁を踏み、拳を握りしめながら叫んだ。

 この満塁本塁打で同点に追いつくと、チームは勢いに乗った。七回にも打線がつながり、3点を追加。「智弁対決」を制した。

 智弁学園は昨秋の練習試合で、智弁和歌山に25―2の大敗を喫した。「本当に悔しかった」と吉村君。今大会で対戦が決まり、「智弁といえば和歌山、という世間の印象を覆したい」と闘志を燃やしていた。

 奈良県高校野球連盟によると、公式戦での対戦は、2002年の夏の甲子園ぶりだ。対戦を待ち望んでいたのは、選手だけではなかった。試合があった25日、午前6時半の時点で球場には約100人の列が出来ていた。徹夜をした人もいたという。

 試合後、「次の対戦相手がどこであっても、自分たちの野球をすれば勝てる」と吉村君。自信を胸に、準決勝に臨む。(佐藤栞)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン