スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)聖愛対青森山田 決勝で対決 東北大会へ

2019年5月26日03時00分

シェア

 春季青森県高校野球選手権大会(県高野連主催、朝日新聞青森総局など後援)は25日、六戸町メイプルスタジアムで準決勝2試合があった。弘前学院聖愛と青森山田が決勝に進み、6月に山形県で開かれる東北地区大会への出場を決めた。26日午前10時からメイプルスタジアムで東北大会への残り1枠をかけて3位決定戦があり、午後0時半からは決勝がある。

 ■ほしいリズム 次戦へ闘志 青森商・木村雷樹主将

 青森商の主将で4番打者、木村雷樹(3年)が最初の打席に入ったとき、チームはすでに5点を先行されていた。「とにかく打つ」。内角低めの初球を右中間に運び、チーム初安打を記録した。

 チームは初回に3失点。二回に2点を追加された。攻守共にリズムを作れず、出塁した木村も後続を断たれ、生還できなかった。

 普段は強気なチーム。ショートを守る木村は、マウンドに集まる内野陣を「いつも通り落ち着いていこう」と鼓舞した。だが回が進むにつれ、木村の声にグラブを上げて応える仲間の動きが、少しこわばっているように見えてきた。四回には守備の乱れも重なり、5失点。敗色はさらに濃くなった。

 その裏に回ってきた二度目の打席。チーム2本目の安打で出た長牛一真(3年)が二塁にいた。「攻めていれば、勝ちにつながる」。初球から振っていったが、三振。次の打席は、もう回ってこなかった。

 だが、東北大会への道は断たれていない。見据えるのは、26日の3位決定戦。「うちは切り替えて試合が出来るチーム。チャンスで必ず打ち、もり立てたい」。秋田幸生監督から「がむしゃらにおまえらしく引っ張れ」と託された、主将としての自負がある。(吉備彩日)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン