スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大分)県高校野球選手権 日本文理大付と大分が決勝へ

2019年5月26日03時00分

シェア

 第135回大分県高校野球選手権大会(県高野連主催)の準決勝2試合が25日、大分市の別大興産スタジアムであった。日本文理大付と大分が決勝進出を決めた。決勝は26日午前10時から同スタジアムである。

 日本文理大付は初回に先制。四回には長打攻勢で4得点しリードを広げた。津久見は5安打を放ったが、打線がつながらなかった。

 大分は1点を追う二回、小野の適時二塁打で逆転し、六回には中尾の適時二塁打で突き放した。三重総合は終盤、小刻みに追加点をあげたが及ばなかった。

 ■力まずスイング 4打点 日本文理大付 東門寿哉選手

 四回裏2死一、二塁。日本文理大付の東門(あがりじょう)寿哉君(3年)は3度目の打席で、内角高めのボール球に手を出した。高めの球は苦手で伊志嶺吉盛監督からは打つなと言われていたが、「チャンスだったので振ってしまった」。打球は右翼ポール際へ。そのまま切れずにスタンドに突き刺さった。

 4日前の準々決勝で死球を受け、左手を負傷した。チャンスで力んでしまう癖があるが、けがをしていたせいか、ほどよく力が抜けた。打席に入るといつもより体が軽く、いいスイングができた。この日は三回にも適時三塁打を放ち、計4打点と活躍した。

 伊志嶺監督は「思い切ってスイングしろと強く言ってきた。軌道が合えばホームランが打てる選手だ」と信頼を寄せている。東門君は、監督の「打線のキーマン」という言葉を胸にチームを引っ張った。

 この日の対戦相手の津久見とは、昨秋の県高校野球選手権の決勝でも対戦。敗れて、あと一歩のところで優勝を逃した苦い思い出があった。「『あと1回、勝つ』を目標に、気を引き締めて試合をしたい」。決勝に向けて意気込んでいる。(中沢絢乃)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン