スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)智弁対決 開始3時間半前100人列 近畿大会

2019年5月26日03時00分

シェア

 春季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催)が25日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで開幕した。この日は1回戦2試合があり、智弁学園(奈良1位)が智弁和歌山(和歌山)を、近江(滋賀)が高田(奈良3位)をそれぞれ破り、4強入りを決めた。

 1回戦の残り2試合は、26日に同球場である。第1試合(午前10時)は郡山(奈良2位)と大商大(大阪)、第2試合(午後0時半)は神戸国際大付(兵庫)と京都国際(京都)が対戦する。

 智弁和歌山と智弁学園(奈良)の試合は、公式戦では2002年夏の甲子園以来の「智弁対決」となった。奈良県高野連の市原定典専務理事によると、試合開始3時間半前の午前6時半ごろには、すでに100人程度が入場券を求めるために列を作っていたという。市原専務理事は「多くの人が来るとは思っていたが、ここまでとは。びっくりした」と話した。

 智弁対決を制した智弁学園の山本奨人投手は「意識しないようにしたけど、やっぱり考えてしまった。勝てて、率直にうれしい」。一方、敗れた智弁和歌山の黒川史陽主将は「意識はしていないが悔しい」。中谷仁監督も「智弁対決は意識していないが、公式戦はすべて勝ちたいという気持ちでいる。まだ、バッテリーが未完成。夏に向けて見直したい」と語った。(西岡矩毅)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン