スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

静岡)浜松商がサヨナラ勝ち、春季東海高校野球

2019年5月25日03時00分

シェア

 第66回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)が24日開幕し、草薙球場と清水庵原球場で1回戦4試合があった。県勢は浜松商(静岡1位)が愛知黎明(愛知2位)に5―4で勝利。加藤学園(静岡2位)は津田学園(三重1位)に3―7で敗れた。準決勝は草薙球場で25日にあり、浜松商は菰野(三重2位)と対戦する。

 ■緊張せず体が反応、決勝打 浜松商・山本陸来選手

 九回裏同点、浜松商2死二塁。この日途中出場の山本陸来君(2年)が打席に入った。前の打席では低めの変化球を詰まらされ、ここまで出塁がなかった。

 「チャンスには強い方ではない」。184センチの恵まれた体格を買われ、1年生から試合に出ている。だが先輩たちに交じって出場することで、「自分が打たないと」と常にプレッシャーを感じていた。緊張すると配球が読めず、体がうまく動かせなかった。だが、春の県大会で厳しい試合をくぐり抜ける中、考えすぎず、体が反応する感覚が徐々につかめてきていた。

 この九回裏は1死から走者が一塁に出たタイミングで監督から言われた。「(バントで送り)2死二塁で回すぞ」。不思議と緊張はなかった。実績が自信になっていた。

 監督から指示のあった浮いた変化球を待った。1球ボールの後の2球目、低めのスライダー。浮いた球ではなかったが、体が反応した。三遊間を抜け、決勝打になった。

 先輩たちが駆け寄ってきた。「よく打った」の声が方々からかかると、山本君の笑顔がはじけた。「ここまで来たら、強い相手に一つずつ勝って、優勝したい」と表情を引き締め、球場を後にした。(宮川純一)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン