スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

三重)県勢はそろって初戦突破 高校野球春季東海大会

2019年5月25日03時00分

シェア

 第66回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)が24日、静岡県の清水庵原球場と草薙球場で開幕した。津田学園(三重1位)は加藤学園(静岡2位)を7―3で下し、菰野(三重2位)も大垣日大(岐阜1位)を6―1で退けた。25日の準決勝では、津田学園が県岐阜商(岐阜2位)と、菰野は浜松商(静岡1位)とそれぞれ対戦する。

 ■けが乗り越え 3安打3打点

 打席に入る前に肩甲骨を上下動させる。緊張する場面ではいつもこうしてリラックスしてきた。

 一回、先制の好機で、「つなぐ野球」を理想とする津田学園の松尾夏希選手(3年)が4球目をコンパクトにたたく。鋭い打球が右前に転がり、二塁走者の大音壱汰選手(同)が生還した。

 松尾選手はこれまで主に2番打者を務めていた。今大会、初めて公式戦で4番に座ったが、「大きいのはいらない」と普段通りのつなげるスイングに徹し、3安打3打点の大活躍でチームを引っ張った。

 冬に肩を痛めた。全体練習に参加できないこともあったが、自主練習では痛めていない方の腕でトスバッティングしながら、勘が鈍らないように努力した。今春の選抜大会には間に合ったものの、チームで安打を放ったのは自身を含む2人だけ。選抜での初戦敗退が、チームとして打撃力の向上が不可欠だと改めて気付かせてくれた。

 肩の回復具合を考慮され、春の県大会は控えに回った。ベンチから仲間の応援をする傍ら、「これまで以上にバットを振り込んでやろう」と東海大会に備えていた。東海大会の優勝はもちろん、夏の甲子園に出るまで、公式戦で負けるつもりはない。(村井隼人)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン