スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

神奈川)東海大相模が初優勝 高校野球関東大会

2019年5月24日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟など主催、朝日新聞社など後援)の決勝が23日、埼玉県営大宮球場であった。東海大相模が東海大菅生(東京)を7―3で破り、同大会初優勝を果たした。

 ■勢い呼ぶ先頭打者初球HR 鵜沼魁斗選手

 一回表。東海大相模の先頭打者鵜沼魁斗(うぬま・かいと)選手(2年)が初球を振り抜くと、打球は左翼席へ飛び込んだ。チームを勢いづける一打となった。

 「ガツガツ行こう」と臨んだ打席。打った瞬間の手応えは「三塁打か?」。一塁を回って審判を見ると、本塁打のジェスチャーをしているのが目に入った。「気持ちよかった」

 試合の初球から振っていけるから、チームが先攻の試合が好きだという。「必ず出塁して次につなぐのが自分の役割。1番打者は譲りたくない」。チームメートからも「鵜沼が塁に出てると全然(気持ちが)違う」「あいつ次第で試合が決まる」と評される、根っからのリードオフマンだ。

 昨秋はケガで1番を打てなかった試合も。冬は筋トレに注力し、スイングスピードが120キロ台から140キロに伸びた。

 今大会は5試合すべてで1番打者として出場し、24打数12安打5打点の活躍。ほかにも2年生でスタメン入りする選手がおり、「(自分たちが)どんどん打線を引っ張ろう」と声をかけ合っているという。

 大会初優勝を決めたが、「終わったときから夏の大会」(門馬敬治監督)。鵜沼選手は「大事な場面で結果を出せる集中力を維持したい」とさらなる高みを目指す。(林知聡)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン