スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

神奈川)東海大相模が決勝へ 関東高校野球

2019年5月23日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟など主催、朝日新聞社など後援)の準決勝が22日、埼玉県営大宮球場であった。神奈川県勢は東海大相模が山村学園(埼玉)を破り、23日の決勝で東海大菅生(東京)と対戦する。

 ■延長 気負わず勝ち越し打 金城飛龍選手

 同点で迎えた延長十回、1死二、三塁。金城飛龍(ひりゅう)選手(3年)の打球は右中間を越え、三塁打に。「手応えはなかったが、気持ちで飛んでいった」。苦しい試合で勝利を決めた。

 山村学園(埼玉)の和田朋也投手(3年)に苦しめられ、六回まで無得点。「ふがいなかった。変化球を狙っていたが、タイミングが合わなかった」

 いつも打席に立つと気負って硬くなりがち。でも、好機に回ってきたこの打席では、門馬敬治監督に「気負うな」と助言をもらい、自分の役割を「つなぎ」と捉えられた。狙い球を直球に変え、「最近チームに貢献できていない。思い切り振っていこう」とバットを振り切った。

 身長168センチ。チームメートに比べ、長打力はないが、走力では50メートル6秒前半のタイムを出すことも。今大会初戦では本盗も決め、「常に先の塁を狙う姿勢が相手チームの脅威になる」と攻めの姿勢を崩さない。「『自分のために』ではなく『チームのため』。全力疾走して常にチームに貢献できるようなプレーをしたい」(林瞬)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン