スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉)山村学園、決勝進出ならず 延長で惜敗

2019年5月23日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟など主催、朝日新聞社など後援)は22日、埼玉県営大宮球場で準決勝2試合があった。山村学園(埼玉3位)は先制したものの延長十回、1―4で東海大相模(神奈川1位)に惜敗した。もう1試合は東海大菅生(東京1位)が専大松戸(千葉2位)に4―0で勝った。東海大相模と東海大菅生の決勝は23日午前10時から同球場で行われる。

 ■「1球1球、もっと厳しく」 山村学園・和田投手

 1点リードの七回表、無死満塁のピンチを招き東海大相模に追いつかれた後、2死を取ったが、走者はなお三塁。「集中は途切れなかった」というエース和田朋也君(3年)は直球で打者と勝負し、空振り三振を奪ってみせた。大きくガッツポーズをし、ほえた。

 昨秋の県大会準々決勝では、東農大三に1点差で惜敗した。「自分のせい。悔しくて、あんな思いをしたのは初めて」。冬場に走り込み、体づくりに力を入れてきた。そのかいもあって「疲れなくなった」といい、この試合も延長十回を1人で投げ抜いた。

 しかし、十回表。焦りはなかったが、「勝負を急ぎすぎた」。流れを引き寄せたい場面で、その気持ちが投球に表れた。変化球を狙われるなどして、3失点。それでも岡野泰崇監督は「『熱投してくれ』と伝えていた。よく投げてくれた」とたたえた。

 初の関東大会で4強まで勝ち上がった山村学園。岡野監督は試合後、「おごるなよ。俺たちの目標はここじゃない」と選手たちの気を引き締めた。和田君も「ここがスタート。1球1球、もっと厳しくしていきたい」。最後の夏へ、挑戦は始まったばかりだ。(高絢実)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン