スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

神奈川)東海大相模が4強入り 関東地区高校野球

2019年5月21日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟など主催、朝日新聞社など後援)の準々決勝が20日、さいたま市営大宮球場などであった。神奈川県勢は東海大相模が浦和実(埼玉)を破り、21日の準決勝で山村学園(埼玉)と対戦する。桐光学園は専大松戸(千葉)に敗れた。

 ■桐光は敗退 夏への糧に 有賀選手

 桐光学園の捕手、有賀大貴選手(3年)は敗れた後、まっすぐ前を見つめ、「夏を制するためにはバッテリーが鍵」と語った。

 この日は三回裏から、同じポジションで主将の高橋建心選手(同)に代わって出場した。二番手としてマウンドに上がった冨田冬馬投手(同)の調子を高橋選手から聞き取り、自分の頭に入っている相手チームの打撃データを思い出した。ピンチを迎えると、マウンドに駆け寄って強気な言葉を投げかけ鼓舞した。

 自分の強みは「自分の気持ちや投手への要求をきちんと伝えられること」。技術面の課題はスローイングだ。投手と走者の動きを冷静に見て、受けたボールの勢いをうまく使うことを目指す。野呂雅之監督は「堅実、という言葉がぴったり」と期待する。「あと一歩」の経験を糧に、夏へと歩み出した。(林知聡)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン