スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

神奈川)東海大相模・桐光学園が8強へ 関東高校野球

2019年5月20日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高野連など主催、朝日新聞社など後援)の2回戦が19日、さいたま市営大宮球場などであった。神奈川県勢は東海大相模が前橋育英(群馬)に7―6、桐光学園は延長の末、藤代(茨城)に4―3で勝った。20日は準々決勝で東海大相模が浦和実(埼玉)、桐光学園が専大松戸(千葉)と対戦する。

 ■久々の登板、励まされ粘投 東海大相模・冨重投手

 5点リードして迎えた八回裏。捕逸で1点を奪われた。さらに、飛球を捕ろうとして野手同士が衝突し、1人が担架で運ばれて試合が一時中断。球場全体が騒然とした。

 しかし、マウンド上の冨重英二郎投手(3年)の集中が途切れることはなかった。試合再開を待つ間、2年の山村崇嘉(たかよし)選手や鵜沼魁斗(かいと)選手などに「僕たちが守りますから」と声をかけられた。「頼もしい下級生に励まされました」。再開後、1点差まで迫られたが同点打は許さず、九回裏は3人で打ちとった。

 これまで、あまり登板の機会に恵まれなかった。「自分はチームに必要とされていないんじゃないか、と不安になったこともある」。疲れが出ると上半身が力んで球が乱れる。門馬敬治監督からは「下から力をもらう野球」と下半身を使って投げる意識をもつよう伝えられてきた。その言葉を胸に、いつでも登板できるよう準備してきた。「球の速さよりもコントロールを丁寧に。これが出来れば大量失点はないと思う」

 久々の登板に緊張もあったが、「みんなのおかげで投げられた。さらにコントロールを磨いていきたい」。(土屋香乃子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン