スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長野)マスターズ甲子園、応援も「現役」

2019年5月19日03時00分

シェア

 元高校球児らが再び甲子園の夢舞台を目指す「マスターズ甲子園2019長野県大会」(県高校野球OB・OG連盟主催、朝日新聞長野総局など共催)に合わせ、長野商の吹奏楽部OB、OGら約20人が結集し、18日、現役時代さながらに応援曲を奏でた。

 呼びかけたのはOBの牛越昭好さん(46)。「舞台を楽しみたいのは野球部だけではない」と、久しぶりの応援に笑顔を見せた。

 結集のきっかけは野球部OBの藤井克文さん(46)からの応援要請。現役時代は吹奏楽部長と野球部主将という間柄といい、「高校時代に交わした甲子園出場の約束を、マスターズで果たしてほしい」と話した。

 この日は松代との対戦。点を取り合う熱戦に力が入った。演奏には、牛越さんらが現役当時、吹奏楽部の顧問だった桐生祐治教諭(現伊那弥生ケ丘)も駆けつけた。「こういう機会は懐かしくていいですね。みんないい音出してます」

 同連盟の池口良明会長は「マスターズは甲子園の魅力を凝縮した大会。応援も、OB、OGらが集まって盛り上げていく大会にしたい」と話した。

 今年の大会は、36校が参加して今月3日に開幕。8月にかけて東北信、中南信の各ブロックで準決勝までを行い、10月に決勝戦をする。(石川幸夫)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン