スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東京)国士舘、佐野日大を投打で圧倒 春季関東高校野球

2019年5月19日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟など主催、朝日新聞社など後援)が18日、埼玉県で開幕した。都勢の国士舘(東京2位)は佐野日大(栃木1位)に7回コールド勝ち。19日は東海大菅生(東京1位)が駿台甲府(山梨2位)と対戦する。

 六回表1死二、三塁で出たサインはスクイズ。打席の冨田洋佑選手(3年)が一塁側へ転がす。二塁走者の渡辺伸太郎選手(同)は三塁を回りながら、一塁手の動きを見た。一塁へ投げるのを確認して本塁へ。三塁走者に続いて生還した。

 試合前の相手の守備練習で、永田昌弘監督が一塁手の動きを見るように指示した。渡辺選手は「捕球時に走者にあまり注意を払っていないように感じた」。

 1年前の春、練習で結果が出ず、野球をやめようとも考えた。1週間練習を休み、千葉市の自宅に帰って髪を染めた。それでも箕野豪・助監督が「続けよう」と声をかけてくれた。永田監督は調子の悪い時も使い続けてくれた。50メートル走5秒8とチーム一の快足は、機動力が武器のチームには欠かせない存在だった。

 「その期待に応えなければと思うようになった。調子が悪くなっても冷静に修正できるようになった」と言い、自らの成長を自信につなげた。この日、走塁だけでなく、打撃も二塁打を含む4打数3安打の活躍だった。(山田知英)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン