スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉)山村学園、サヨナラ勝ち 関東高校野球開幕

2019年5月19日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟など主催、朝日新聞社など後援)が18日、開幕した。県営大宮球場での開会式で、春日部共栄の石崎聖太郎主将が「最後まで諦めず全力でプレーし、令和という新しい時代の1ページ目を飾るにふさわしい大会にします」と宣誓した。

 山村学園(埼玉3位)は水戸商(茨城2位)に6―5でサヨナラ勝ち。東農大三(埼玉4位)は桐光学園(神奈川2位)に11―2で敗れた。19日は春日部共栄が栃木工(栃木2位)と、浦和実が山梨学院(山梨1位)とそれぞれ対戦する。山村学園も習志野(推薦・千葉1位)と戦う。(高絢実)

 四回表、無死一、二塁。一塁手の井口真之介君(3年)がマウンドに立った。エースの飯島一徹君(同)が相手打線につかまり、この回、4点を失った。「気持ちの準備はできていた」といい、直球で併殺に打ち取るなどした。

 六回の攻撃では2点適時二塁打。投打でチームを盛り上げた。県大会では4番だったが、この試合は3番。「チャンスで打てなかったから」。それでも「打てるところを見せたかった」という、意地の一本だった。

 エースの飯島君とは「違った良さを出したい」と井口君。高広聖也監督も「マウンドでしっかりと役割を果たしてくれる」と信頼を置く。「飯島と切磋琢磨(せっさたくま)して、チームを勝たせる投手になりたい。打撃もがんばって、投打で活躍したい」。夏を見据え、井口君は力強く話した。(高絢実)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン