スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

神奈川)東海大相模・桐光が初戦突破 関東高校野球

2019年5月19日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高野連など主催、朝日新聞社など後援)の1回戦が18日、さいたま市営大宮球場などであった。神奈川県勢は東海大相模が木更津総合(千葉)に4―3、桐光学園は東農大三(埼玉)に11―2で勝った。2回戦は東海大相模が前橋育英(群馬)、桐光学園が藤代(茨城)と19日に対戦する。

 春の県大会準決勝で先制本塁打を放った3番打者・遠藤成選手(3年)が、投手としても活躍した。「自分の中では投打どちらも力を入れている。どんな形でもチームに貢献していきたい」と意気込んでいる。

 昨年6月、試合中に滑り込んだ際に右手首を骨折。夏の選手権大会ではメンバーから外れた。それでも、「投げたい」と今大会に向けて投球練習を重ね、背番号「6」でメンバー入りした。

 先発での登板を告げられたのは試合前の朝。「投げられるとは思わなかった」と驚いたが、7回3分の2を投げ、111球、被安打5、失点1。うち4回を三者凡退に打ち取り「いいテンポで投げられた」。

 打っても八回、「ランナーのためにも一本打とう」と、甘い変化球を逃さずとらえ、中前に適時打を放つと、二盗も決めて自らの生還につなげた。マウンドを降りると三塁手に回り、「いろんなポジションを守れる」とアピールした。

 今大会でベンチ入りした18人中、7人が登板できる力を持つ。遠藤選手が投手としても手応えをつかんだことに、門馬敬治監督は、「夏に向けての意義は大きい」と期待する。(林知聡)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン