スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都)京都国際と乙訓がきょう決勝 春季府高校野球

2019年5月19日03時00分

シェア

 春季府高校野球大会(府高校野球連盟主催)の準決勝が18日、京都市右京区のわかさスタジアム京都であり、京都国際と乙訓が決勝進出を決めた。京都国際は延長十一回の末、龍谷大平安に打ち勝った。乙訓は中盤からの猛攻で鳥羽に流れをつかませなかった。決勝は19日正午から同球場である。

 京都国際が延長十一回の接戦を制した。二回、釣の適時打で1点を先取すると、六回には早の三塁打などで2点を追加し、勢いをつけた。同点で迎えた延長十一回、主将の上野が決勝点となる適時三塁打を放ち、勝負を決めた。

 上野は「自分が決めようと思って打った。明日も気持ちを切らさずに集中したい」。

 龍谷大平安は六回に三尾が本塁打を放ち、中盤から追い上げた。延長十回、水谷の適時二塁打で同点に追いついたものの、京都国際の勢いを止められなかった。

 乙訓が四、六回の猛攻で勝負を決めた。初回、藤岡の適時打で1点を先制。四回に相手の守備の乱れをつき一気に4得点し、流れをつかんだ。六回には中村の適時打などで5点を挙げ、突き放した。先発の斉藤は6回1失点の力投。三回の1死一、三塁のピンチも落ち着いて切り抜けた。

 乙訓の嘉門主将は「結果が出てきて、自信につながっている。まずは目の前の決勝戦で勝てるように、自分たちの野球をしたい」。 鳥羽は三回に1点を奪って同点に追いついたが、中盤以降打線がつながらず及ばなかった。(高井里佳子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン