スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)春季県高校野球、青森山田が光星を下す

2019年5月19日03時00分

シェア

 春季県高校野球選手権大会(県高野連主催、朝日新聞青森総局など後援)は18日、八戸市長根公園野球場など3球場で2回戦8試合があり、夏の全国高校野球選手権青森大会のシード8校が決まった。青森山田と八戸学院光星の甲子園常連校同士の対決は、青森山田が7―5で勝ち、昨春から3季連続でコールド負けしていた雪辱を果たした。19日は2球場で準々決勝4試合がある。

 「ここを抑えればチームは乗ってくれる」。初回のマウンドに立った青森山田の小牟田龍宝(2年)は、自身を鼓舞するように相手の一番打者を迎えた。大会屈指の好打者、八戸学院光星の武岡龍世(3年)だ。強気で攻め、わずか4球で三振に切って取った。

 チームは昨春の県大会から3季連続でライバルの光星にコールド負けを喫していた。とりわけ主将の武岡には昨夏の青森大会準決勝で2打席連続本塁打を浴びており、絶対に勢いづかせてはいけない相手だった。

 1年生だった小牟田は登板もできず、ベンチから悔しい思いで眺めることしかできなかった。今大会の初戦の相手が光星と決まり、兜森崇朗監督から先発を託されると、「なんとしてでも勝つ」と奮い立った。

 二回と六回に連打を許して失点したが、いずれも三振で悪い流れを断った。4点リードで迎えた九回は気負いから制球が定まらず2点差に迫られたが、最後は武岡を内野ゴロに打ち取って完投勝利。光星の仲井宗基監督も「打線が気迫に押された」と脱帽した。

 見据えるのは昨夏逃した甲子園切符。「本番は夏。体力と球速をつけていきたい」(吉備彩日、仲川明里)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン