スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

チームを救った神宮1号 東海大相模の元主軸・森下

2019年5月17日13時30分

 東海大相模高の主軸として甲子園でも活躍し、今春中大に進学した森下翔太が16日、大学での公式戦初本塁打を放った。東都大学野球の春季リーグ戦、亜大―中大4回戦。1年生ながら5番に座る森下の「神宮1号」は、中大の勝利を決める逆転3ランに。昨年、春秋とも最下位だったチームを救う一打にもなった。

 勝ったほうが優勝への望みを残す一戦。森下は二回の最初の打席で中大の先制点につながるバントを決め、2―3と逆転された後の六回、第3打席を再びチャンスの場面で迎えた。

 1死一、二塁。初球のスライダーを見逃し、「次来たら絶対いこう」。待っていた1球を、力強く振り切って左越えへ。スタンドインを確認すると右腕を突き上げた。ベンチに戻ると、「森下、ありがとう!」と口々に叫ぶ先輩たちにもみくちゃにされ、笑顔がはじけた。

 東海大相模高では1年夏からレギュラーの外野手で4番。高校通算57本塁打を放ち、昨春は選抜大会4強に貢献した。中大入学後、リーグ戦11試合目での「神宮1号」の感想を問われると、「今日打てたのはうれしいですけど、これまでミスショットもけっこうあった。遅いといえば遅かったかな」。少し苦笑いしながら答えた。

 「金属バットと違って、木のバットは真芯に当たらないと飛ばなくて、そこに苦しめられてきた。やっと芯でとらえる1本が出て、ここからまた打てていければいいなと思います」

 前日の3回戦はナイターで延長十四回、0―0で決着がつかず、終了は午後8時50分。午後1時からのこの日の試合に臨む選手たちは前夜の疲れとも闘っていた。午前1時ごろに寝て、7時すぎに起きたという森下は「リーグ戦の苦しい部分にも対応できた。チャンスの場面の集中力は、高校時代から培ってきたものが生きた」と胸を張った。

 森下の一発で5―3と逆転した中大は、七回にさらに1点加え、6―3で勝利。最下位からの脱出が確定し、他力本願ではあるが優勝の可能性も残る。(杉山圭子)

地方大会のライブ中継をアプリで楽しもう!

観たい試合を見逃さない!地方大会から甲子園の決勝まで、ライブ中継開始の通知をアプリで受け取ろう。

スポーツブルアプリアイコン

スポーツブル

  • Google Play
  • App Store

QRコード

動画

注目動画

一覧へ

バーチャル高校野球の大量にある動画の中から、今、特に見てもらいたい動画をピックアップしました!

企画動画

一覧へ

朝日新聞社と朝日放送テレビが独自の目線で、さまざまな角度から高校野球にアプローチします!
高校野球新世紀
利根商・豊田監督

話題の記事

おすすめソーシャルアカウント

スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票 甲子園ベストゲームファイナル
第101回オフィシャルグッズ
本気の夏100回目
高校野球DVD販売サイト
第49回 明治神宮野球大会

許諾番号:9016200058Y45039

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報を配信中!フォローしてあなたも「高校野球通」になろう!!