スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨)関東高校野球、あす開幕

2019年5月17日03時00分

シェア

 第71回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が18日、埼玉県で開幕する。春の山梨県大会優勝の山梨学院は浦和実(埼玉2位)と、準優勝の駿台甲府は東海大菅生(東京1位)と19日にそれぞれ対戦する。

 春の選抜大会初戦、24安打24得点の圧倒的な攻撃力で県勢15年ぶりの勝利をつかんだ山梨学院。勢いのまま県大会を3連覇した。全5試合で1本塁打を含む長打を放ち、17打数10安打と成長著しい飯塚大河選手(3年)、選抜で1試合2本塁打の野村健太選手(3年)ら打線は力強い。投手は打たせて取る相沢利俊主将(3年)、長身から投げ下ろす木村渓人投手(3年)の両左腕を擁する。

 吉田洸二監督は「関東の強豪が集まり、県大会とは違った雰囲気で戦える。選手がどれだけ力を発揮できるか。夏の大会をイメージできる絶好の機会」と意気込む。

 駿台甲府は2年ぶりの春の関東大会だ。県大会準決勝、東海大甲府戦の延長で本塁打を放った依田郁也選手(3年)、県大会2本塁打の杉田大貴主将(3年)ら打線は好調だ。投手陣は継投が鍵を握る。変化球が決め球の羽鳥響(3年)、気迫を前面に出す大須賀秀人(2年)、ピンチでも冷静な藤井貴也(2年)、スライダーが武器の依田の4投手が持ち味を発揮し、失点を少なくできれば勝機を見いだせる。

 「課題は守備」と但田邦之監督。「相手の好機を広げないよう、守備練習に力を入れてきた。1点でも多く点を取り、夏につなげたい」と見すえる。(玉木祥子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン