スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山の宿敵対決、智弁に軍配 4季連続で決勝カード

2019年5月12日21時07分

 高校野球の春季和歌山県大会は12日、紀三井寺球場で決勝があり、智弁和歌山が市和歌山に8―7(延長十回)でサヨナラ勝ちし、近畿地区大会への出場権を手にした。

 野球は九回2死から――。格言通りの同点劇が、智弁和歌山の意地から生まれた。

 5―7で迎えた九回、2死と追い込まれたが、智弁の中軸はぶれなかった。4番徳丸天晴(1年)が強振した打球は、中堅右のフェンスを直撃するランニング本塁打に。5番の東妻純平(3年)も続く。白球がバックスクリーンにまっすぐ伸びていった。「絶対に負けてはいけない相手」と東妻。延長十回、無死満塁から細川凌平(2年)が中前サヨナラ打を放ち、決着をつけた。

 宿敵対決だった。昨年の春から和歌山の決勝は4季連続でこのカード。紀三井寺球場のスタンドを智弁のチームカラーの「赤」と市和歌山の「緑」に分けて、接戦を繰り広げてきた。

 いずれも智弁が勝ったが、簡単な試合は一つもない。18年春は6―5、夏は7―6でサヨナラ勝ち。秋は最大6点差をひっくり返して9―6だった。主将の黒川史陽(3年)の気合がすごい。「昨日、仲間に『負けたら、100メートルダッシュ100本やるぞ』と言って、重圧をかけてきた。和歌山では絶対負けたくないので」

 一方、念願の勝利を目前に敗れた市和歌山。捕手で主将の米田航輝(3年)は「ちょっと甘くなっただけでも智弁は逃さない。1球の大切さを学びました」。市和歌山の3年生は入学してから公式戦で5度、智弁と戦って、全敗。ともに出場した今春の選抜大会は同じ8強だったが、この一戦で改めて思い知った。「(智弁は)夏に甲子園にいくためには絶対に勝たないといけない壁」。半田真一監督は「うちの弱さ、甘さが出た。もう少しの差、と思わずにやっていきたい」と語った。

 5度目の対戦があるのか――。今年の和歌山の夏は、いつもよりもアツくなりそうだ。(小俣勇貴)

from-ichiro

地方大会のライブ中継をアプリで楽しもう!

観たい試合を見逃さない!地方大会から甲子園の決勝まで、ライブ中継開始の通知をアプリで受け取ろう。

スポーツブルアプリアイコン

スポーツブル

  • Google Play
  • App Store

QRコード

動画

注目動画

一覧へ

バーチャル高校野球の大量にある動画の中から、今、特に見てもらいたい動画をピックアップしました!

企画動画

一覧へ

朝日新聞社と朝日放送テレビが独自の目線で、さまざまな角度から高校野球にアプローチします!
大逆転
地方大会 決勝ダイジェスト

おすすめ動画

こちらの動画はご覧になりましたか?バーチャル高校野球からあなたへ「おすすめ」したい動画です!
バーチャル高校野球ではアンケートを実施しています
tiktok

話題の記事

おすすめソーシャルアカウント

スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票 甲子園ベストゲームファイナル
第101回オフィシャルグッズ
新たに刻む、ぼくらの軌跡。
高校野球DVD販売サイト
第49回 明治神宮野球大会
地方大会の写真販売
観戦記念号外

許諾番号:9016200058Y45039

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報を配信中!フォローしてあなたも「高校野球通」になろう!!