メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私学を倒したい」最速の大船渡・佐々木が背負う思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年4月29日14時04分

 高校野球史上最速となる163キロを計測した岩手・大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手(3年)らが29日、春季岩手県大会を前に大船渡市内で記者会見に臨んだ。最後の夏に向けたシーズンの本格的な幕開け。佐々木は「この仲間で甲子園に行けるよう、自分のできることをすべて出したい」と語った。

 佐々木は190センチの長身右腕。今月上旬にあった高校日本代表の研修合宿の紅白戦では、プロ野球中日スカウトのスピードガンで自己最速を6キロ更新する163キロをマークした。大谷翔平(エンゼルス)が花巻東(岩手)時代に記録した高校生最速の160キロを上回った。

 高い関心と注目を集めていることから、県大会を前に特別に会見の場が設けられ、千葉宗幸主将、及川恵介捕手、国保陽平監督も出席した。約40人の報道陣が詰めかけた。

 昨秋の県大会は準決勝で盛岡大付に、3位決定戦でも専大北上に敗れ、東北大会への出場を逃した。5月2日に初戦が予定されている春季県大会沿岸南地区予選は、それ以来となる公式戦だ。佐々木は「秋に負けて課題がすごく見えた。冬があけて、どれだけ通用するようになったのか。自分たちの成長を感じたい」、千葉は「(春は)東北大会に出るのが目標。モチベーションを高くやっていきたい」と語った。

 今月20日の練習試合には日米あわせて約20球団のスカウトが集まるなど、岩手の県立校は大きな注目を浴びながら夏へ向かっていく。

 「地元の仲間と私学を倒して甲子園に行きたいと思った。このメンバーで勝つことに意味があると思った」。佐々木はそんな思いから、東日本大震災の被災地でもある地元の高校に進学したという。「公立高校でも頑張れば勝てるんだということを証明したい。勝てば岩手や東北を元気づけることができると思う。それが役目だと思う」

 大船渡の甲子園出場は1984年の春夏のみ。春は4強入りし、旋風を起こした。35年ぶりの甲子園をめざす超高校級右腕には、背負うものがある。(竹田竜世)