メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山)和歌山大会は7月12日に開幕 高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年4月12日03時00分

 今夏の第101回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連、朝日新聞社主催)の運営委員会が11日、和歌山市手平2丁目の和歌山ビッグ愛で開かれ、開幕日を7月12日、決勝を同28日とする大会日程を決定した。

 開幕試合は7月12日午後1時半開始、決勝は28日午後1時開始予定。全試合が紀三井寺公園野球場(和歌山市毛見)で行われ、39校が出場する見込み。休養日は19日と26日を予定している。組み合わせ抽選会は6月22日午後1時から和歌山ビッグ愛大ホールで行われる。

 また、この日行われた責任教師会議では今春の選抜高校野球大会に出場した市和歌山と智弁和歌山がベスト8入りを報告。市和歌山の岩本悠部長は「県の野球のレベルを上げていけるようにがんばっていきます」と話し、智弁和歌山の塩健一郎・新部長は「夏に向けて一段と強くなれるように精進します」と意気込みを新たにした。

 県高野連の新会長に就任する和歌山商の愛須貴志校長は「球数制限や指導者の暴力行為などについて各学校で監督と相談しながら、生徒が健全に野球が出来るように指導していきましょう」とあいさつした。

 今年度のその他の試合日程は表の通り。(成田愛恵)