メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口)夏の高校野球山口大会 7月13日に開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年4月4日03時00分

 山口県高等学校野球連盟は3日、山口市内で理事会を開き、栗林正和氏に代わる新会長に小土井実・防府商工校長を選ぶなど新しい役員を決めた。

 2019年度の各大会の日程も確認した。第101回全国高校野球選手権山口大会は、6月22日に組み合わせ抽選会があり、7月13日に柳井、周南、宇部、下関の4会場で開幕する。準決勝と決勝の前日をそれぞれ休養日とし、決勝は27日午前10時からの予定。第64回全国高校軟式野球選手権県予選大会は6月24日に組み合わせ抽選会があり、7月23、24の両日に試合が行われる。

     ◇

■春季県高校野球 対戦決まる

 春季県高校野球大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)が18日に開幕する。3日に組み合わせ抽選会があり、参加57チームの組み合わせが決まった。

 18~23日(22日は休養日)に県内4球場で地区予選があり、勝ち抜いた8チームが26~28日、絆スタジアム(岩国市)である決勝大会に進む。優勝校は、6月1日に三次きんさいスタジアム(広島県三次市)で始まる中国大会に出場する。

 また、今月20~22日に美祢市民球場である春季県高校軟式野球大会の組み合わせ抽選会もあった。優勝校は5月25日、どらやきドラマチックパーク米子市民球場(鳥取県米子市)で始まる中国大会に出場する。(藤牧幸一)