メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かみ合わなかった歯車 習志野、千葉勢初の優勝ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年4月3日14時43分

 (3日、選抜高校野球 東邦6―0習志野)

 これが決勝の重圧か――。これまで粘りの野球で勝ち上がってきた習志野だが、主将の竹縄俊希(3年)は、「決勝でいつもと違う雰囲気があった」。

 一回に3点を先制されたのは、準々決勝も準決勝も同じ。「諦めず、少ないヒットでも点を取る工夫をする」。試合前に話した展開に持ち込みたかったが、歯車がかみ合わない。

 一回。竹縄自身の投前バントが併殺になり、四回も無死一塁から仕掛けたヒットエンドランが飛球になって併殺に。五回もバント失敗で無死からの走者を送れない。

 「自分のバントミスもそうだし、やらないといけないプレーでミスをした」と竹縄。流れを引き寄せられないまま、直後の守りで東邦・石川昂弥(3年)にこの日2本目の本塁打を浴びた。

 大会前の目標は「2勝」だった。「美爆音」とも称される吹奏楽部の応援にも後押しされて勢いに乗った。「どうせここまで来たなら優勝を」とは二塁手の小沢拓海(2年)。千葉勢として初の優勝を目指すことについて、小林徹監督は「せっかくのチャンス。子どもたちには意識させず、やりきったなという試合をさせてやりたい」とも話していたが……。

 2回戦では優勝候補の星稜(石川)を倒した。兼子将太朗(3年)がバットをいつも以上に短く持って好投手の奥川恭伸(3年)から本塁打を放つと、次の試合からはほぼ全員がこれまでよりもバットを短く持つようになった。

 この日もそう。東邦の石川にくらいついたが、八回も併殺で好機をつぶす。失ったリズムは最後まで取り戻せなかった。(山口史朗)