メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨学院・監督、大敗の経験も「両極端でお恥ずかしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月25日19時31分

 (25日、選抜高校野球 山梨学院24―5札幌第一)

 山梨学院は猛攻で24得点をあげた。吉田監督は清峰(長崎)の監督時代、第78回大会(2006年)決勝で横浜(神奈川)に0―21で敗れた経験を持つ。この横浜の得点は選抜大会決勝での最多記録となっている。当時とは正反対の展開に「両極端な監督でお恥ずかしい」と頭をかいた。この日、選手たちには「好球必打でセンター方向に」とだけ指示していたという。「大量得点しても選手たちはフォームを崩さず打てていた。出来すぎですね」