メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜の4番、公式戦初本塁打が大会第1号 元控えが強振

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日15時33分

 (24日、選抜高校野球 明豊13―5横浜)

 横浜の吉原が、打った瞬間にそれと分かる大会第1号本塁打を放った。七回無死、「1球目から思い切って強く振れる」という持ち味を発揮し、初球のストレートを右翼席へ。昨秋まで控えだった背番号13が甲子園での4番抜擢(ばってき)に応えた。自身にとってうれしい公式戦初本塁打だったが、試合には敗れ、「課題が多く見えた。下級生のことも背負ってやっていきたい」。主軸の自覚が口をついた。