メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

履正社の清水、投げ負けて奥川絶賛「素晴らしいの一言」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日18時48分

 (23日、選抜高校野球 星稜3-0履正社)

 履正社の左腕清水は相手エースにまず脱帽した。「奥川君が素晴らしかったのひとことです。マウンドでの雰囲気、球質……。いい刺激を受けました」

 一回1死一塁、右前安打を喫したが、右翼手の好返球で三塁アウト。なのに暴投に四球と波に乗れない。「ボール先行で狙い球を絞られた」。山瀬に遊撃強襲の先制左前安打を許した。

 阻止したかった先取点を奪われ、難敵の奥川を助ける結果に。一回をもう一度やり直したい? こんな問いかけに「後悔しても仕方がない。先を見て頑張ります」と、いつまでもくよくよしていなかった。

     ◇

 ●桃谷(履) 2三振も、六回に中堅の守備で大飛球を好捕。「うれしかったが、相手は思った以上のレベル。変化球のキレについていけなかった」

 ●岡田監督(履) 奥川について、「直球、変化球ともに低めに来ていた。あれだけ制球よく放れる投手はそういない。高校生レベルを超えている」。