メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あいつは上ずる」完封導く地面すれすれミット 高松商

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日17時31分

 (23日、選抜高校野球 高松商8―0春日部共栄)

 地面すれすれまで上体を低くしてミットを構え、エースに球を要求した。「あいつは気持ちが高ぶりすぎると球が上ずる。だから、低く低くと」。五回2死一、三塁。高松商の捕手・新居(にい)の狙い通り、香川の直球がそのミットをたたく。黒川を見逃し三振に仕留め、ピンチを脱した。

 カーブ、スライダー、スクリュー……。香川は5種類の変化球を操る左腕で、「どのサインを出すかめっちゃ迷います」と新居。捕手になり立ての1年の冬は、首を振られて怒られてばかりだった。それから1年あまり。配球の本を読んだり打者を研究したりするだけでなく、香川の性格を知るために授業中の様子や私生活にも目をこらした。

 相手に的を絞らせないリードで13奪三振に導き、盗塁も二つ刺した。打撃で4安打したことより、うれしいのは完封勝ちだ。なにより、「サインにほとんど首を振られませんでしたからね」と笑った。(山口裕起)

     ◇

 ○香川(高) 序盤は変化球、途中からは直球主体で的を絞らせず。観察眼が光った。「自分で考えるようになり、投球の幅が広がった」