メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春日部共栄・村田 甲子園の環境に適応できず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日17時03分

 (23日、選抜高校野球 高松商8-0春日部共栄)

 持ち味のはずの制球が定まらず、被安打15で8失点。春日部共栄の右腕村田は「ふがいない」と悔しがった。初めての甲子園は、埼玉県大会と違って新球に変わる頻度が高く、「滑って握りに苦労した」。直球が思うように走らなかったのも「ウォーミングアップ不足だった」と振り返る。「開き直るしかない。徹底的に鍛え直す」

     ◇

 ●石崎(春) 2打数2三振に終わった主将。「全国レベルにはまだまだと感じた。夏までに鍛え直したい」

 ●植竹監督(春) 「投打ともに力の差を感じた。(高松商の香川は)直球、変化球ともに内外角にきちんと来ていた。自分たちの打撃が出来なかった」