メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知)東邦、26日に富岡西と初戦 監督対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月25日03時00分

 第91回選抜高校野球大会で、東邦は26日の第3試合(午後2時開始予定)に、21世紀枠で出場を決めた富岡西(徳島)と初戦を迎える。試合を前に、東邦の森田泰弘監督と富岡西の小川浩監督が、相手チームの印象などを語った。

 ――チームの特徴は

 森田監督 打撃力などは例年とさほど変わりないが、持っているものを全部出すチーム。

 小川監督 投手の浮橋を中心に、守りに重点をおいて練習をしてきた。守り抜いて、強い打撃をしっかり止めて接戦にしたい。

 ――相手チームの印象は

 森田監督 浮橋君や坂本君といった下級生から出ている選手が活躍している。うちと非常に良く似たチームという印象。

 小川監督 昨年から大舞台を経験している石川君と熊田君を中心に、伝統的に強打のイメージがある。盗塁数が多いので警戒する必要もある。

 ――理想の試合展開は

 森田監督 序盤で少しでもリードすること。ただ浮橋君はなかなか攻略が難しい。投手を中心に守備で最少失点でしのげれば。

 小川監督 ロースコアが理想だが、なかなかそうはいかないと思う。初出場なので緊張せずやりたい。

 ――秋以降伸びた選手は

 森田監督 吉納、松井の2人は成長している。

 小川監督 三塁手の吉田と、捕手にした粟田がどれぐらいやってくれるか。

 ――試合への意気込みを

 森田監督 お互い持っているものをぶつけ合い、いいゲームにしたいです。

 小川監督 名門の東邦高校と大舞台で試合できるだけでも光栄。なんとか食らいついて、いい試合展開に持ち込みたい。(構成・申知仁)