メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福井)啓新、大きく腕振り堂々と入場 選抜開会式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)が23日開幕し、初出場の啓新は穴水芳喜主将(3年)を先頭に18人の選手が大きく腕を振って入場行進し、甲子園の土を踏みしめた。

 出場32校の選手たちは南のチームから順に入場した。曇り空で冷たい風が吹いたが、啓新は鮮やかな水色のユニホームに身を包み、18番目に入ってきた。「まじめに野球に取り組んできた」(山下晃太部長)との理由でプラカードを任された服部聖(あきら)君(3年)が先導した。

 開会式を終えた遊撃手の山沢太陽君(2年)は「ずっとあこがれだった舞台に立ててうれしい気持ちと、気が引き締まる思いでした」。中堅手の小野田渉冴(しょうご)君(3年)は「リハーサルに比べてとても緊張した。試合に向けて調整し、力を上げていきたい」と話していた。

 啓新は大会第5日の27日午後2時から、桐蔭学園(神奈川)との対戦を予定している。(平野尚紀)