メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森)選抜開会式 八戸学院光星が闘志胸に堂々の行進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 第91回選抜高校野球大会

が23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。 開会式で八戸学院光星の選手たちは引き締まった表情で大きく腕を振り、甲子園の土を踏みしめた。

 「イッチ、イッチ、イッチ、ニー」と、行進のかけ声を担当したのは、控え外野手の畑垣聖(3年)。普段の練習から声を出すことが多く、前日のリハーサル直前に仲間からかけ声係に指名された。「今日はリハーサルより声を出すことができた。行進と合わせて100点満点の出来です」と笑顔だった。

 青森県階上町の実家から家族全員が応援に駆けつけたという控え内野手の大野僚磨(3年)は「甲子園を歩けたことはうれしいけど、せっかく家族が応援に来てくれているのでここでプレーする姿を見せたい」。

 先頭を歩いた武岡龍世主将(3年)は「緊張するかと思ったが、練習通りに落ち着いて行進できた。まずは初戦を全力で戦いたい」と話した。(仲川明里)