メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛)「全員がひとつに」松山聖陵が行進 選抜開会式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 第91回選抜高校野球大会は23日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕した。開会式では松山聖陵の選手たちが、観客の拍手の中を元気よく行進した。

 午前9時。少し肌寒い曇り空の下、球場にファンファーレが高らかに鳴り響いた。出場32校の7番目にグラウンドに入った松山聖陵の選手たちは、渡部龍弥君(3年)の「いち、いちいち」というかけ声に合わせ、手を大きく振った。

 普段から声が大きいことからかけ声の担当になった渡部君は「全員がひとつになって、大きいかけ声できれいにできたのでよかったです」。根本大蓮主将(3年)は「楽しくわくわくした気持ち。(甲子園での)初勝利だけじゃなくて、2勝3勝と勝ち上がれるように頑張りたい」と話した。

 松山聖陵は大会第5日(27日)の第2試合(午前11時半開始予定)で大分(大分)と対戦する。(寺田実穂子)