メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡)選抜開幕 筑陽堂々行進「楽しめた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 大観衆の中、第一歩を踏み出した。23日の第91回選抜高校野球大会の開会式で、初出場の筑陽学園の選手らは、堂々と甲子園の土を踏みしめ、行進した。

 筑陽学園は先頭から7番目にグラウンドに入った。保健体育では、「集団行動」の一つとして行進の授業もある。江原佑哉主将(3年)は「緊張せず、楽しんでやれました」。観客がいる甲子園に入ったのは初めてで、「今まで経験したことのないレベルの拍手や雰囲気。甲子園ってこんな感じなんだ」と興奮した様子だった。

 スタンドでは、家族やチームメートが見守った。ベンチからは外れたが、プラカードを掲げて入場した吉瀬泰斗君(同)は「緊張したけど、スタンドにいるチームメートを見つけてほっとした。いい経験になりました」と笑顔だった。

 開会式の後、選手たちは呉(広島)と市和歌山の開幕戦を観戦。試合の雰囲気を確認していた。(木下広大)