メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川)センバツ開幕 桐蔭学園、横浜が元気に行進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 まだ肌寒い阪神甲子園球場で平成最後のセンバツが23日、幕を開けた。第91回選抜高校野球大会の開会式で、桐蔭学園と横浜の選手は、今大会の入場行進曲「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」に合わせて元気よく行進した。

 桐蔭学園の森敬斗主将(3年)はリハーサルと違い、多くの観客が詰めかけた甲子園に「思ったより人がいてすごいなと思った。支えてくれた人に全力プレーで恩返ししたい」と話した。横浜の内海貴斗主将(同)は「選抜旗を持っての行進は身が引き締まった。普段と変わらないように楽しんでやりたい」と平常心を強調した。

 両校ともマネジャーがプラカードを持った。桐蔭学園の菅将貴君(同)は「楽しかった。選手には本当に感謝です」と笑った。横浜の花田健人君(同)は「明るい場所で、『これが聖地か』と思った」と感動した様子だった。

 横浜は、24日の第2試合(午前11時半開始予定)で、昨秋の九州大会準優勝の明豊(大分)と対戦する。23日午後、選手たちは兵庫県西宮市の津門中央公園野球場で約2時間打撃を中心に練習し、汗を流した。(安藤仙一朗)

     ◇

 横浜・平田徹監督 投打共に充実した素晴らしいチームと当たれて身が引き締まる。けがや体調不良の選手はおらず、状態は良い。初戦の難しさもあるが、気の持ち方が大事。のびのびとプレーさせたい。