メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星稜・奥川「三振17個もですか」 駆け引き楽しみ完封

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日19時45分

 (23日、選抜高校野球 星稜3-0履正社)

 優勝候補対決。4万1千人が見つめるマウンドで、星稜の奥川はワクワクしていた。「一番楽しめた」と振り返るのは、七回2死の勝負だった。

 1ボール2ストライクから、鋭いスライダーが外角に決まる。履正社の4番井上のバットは動かない。いや、動かせなかった。見逃し三振。「相手の逆をつくいいボールだった」と奥川。投球術が勝った。

 強打を誇る履正社が狙っていたのは、奥川の武器の速球。マシン打撃で160キロ近い球を打ち込んできた。一回、奥川が直球で様子を探ると、初球から強振してきた。

 挑まれた力勝負。奥川は「駆け引き」を仕掛けた。初球にスライダーを増やし、狙いをずらす。追い込むと、直球でも変化球でも三振を奪っていく。全4打席で凡退した井上は「自分のなかで(狙い球を)迷ってしまった」と悔やんだ。

 この投球術は、「負けの経験」から生まれた。昨春の選抜は準々決勝で散った。エースになった夏の甲子園は2回戦敗退。優勝候補と注目された秋の明治神宮大会も決勝で敗れた。150キロに迫る直球に高校生離れした変化球があっても、勝てなければ意味がない。だからこの大会は「大人の投球」をテーマに、勝負にこだわった。

 一回に記録した自己最速の151キロを「球速は気にしていません」と言い、毎回奪った三振には「17個もとったんですか」と他人事のよう。被安打3で難敵を完封し、「プラン通りの投球ができました」。涼やかな笑顔に自信がにじんだ。(小俣勇貴)

     ◇

 ○山瀬(星) 一回の先制打を含む3安打に「奥川を援護できてよかった」。捕手としても完封勝利を導き、「構えたところに球が来て楽しかった」。

     ◇

 ○知田(星) 一回は右前安打で出て先制の本塁を踏み、七回は左翼へ適時打。2年生は「最初の安打で楽になった。適時打はつなぐ意識でした」。

 ■「プロに近い投手」

 ●野口(履) チームでただ一人の複数安打。「(奥川は)今まで対戦した中で一番いい投手だと思う。プロに近い投手と対戦できていい経験になった」