メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高松商のエース香川、変化球から一転直球に 的絞らせず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月23日16時34分

 (23日、選抜高校野球 高松商8-0春日部共栄)

 高松商のエース香川は観察眼が光った。直球に強い春日部共栄打線に対し、序盤は変化球でタイミングをずらした。しかし途中から相手が変化球狙いに切り替えたとみるや、一転して直球主体の投球。最後まで的を絞らせなかった。「下級生の時は先輩捕手に任せてばかり。新チームになって自分で考えることで投球の幅が広がった」

     ◇

 ○大塚(高) 三回の先制打は、狙っていた直球をたたく。「自分のように体が細い打者には直球主体でくると思った」。当たりは止まらず計2打点。