メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重)選抜大会が開幕 津田学園が堂々行進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 第91回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の開会式が23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。津田学園(三重県桑名市)の選手たちは2万8千人の観衆の前を堂々と行進した。

 開会式は昨春の優勝校、準優勝校に続いて南の代表から順に入場。津田学園は21番目に登場した。プラカードを持ったマネジャーの石井千百合(ちゆり)さん(3年)を先頭に、息のそろった行進を見せた。

 石川史門(しもん)主将(3年)は2017年夏の選手権大会に出場し、甲子園で行進するのは2回目。1回目より堂々と歩けたという。「いよいよ今日から甲子園が始まったんだと実感した。最後は気持ちの強さが大事と思う。試合までの2日間、練習にしっかり取り組みたい」と気を引き締めていた。

 津田学園は大会第3日(25日)に、昨秋の近畿大会を制した龍谷大平安(京都)と対戦する。(村井隼人)