メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京)選抜開幕、プラカードは国士舘のムードメーカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メール

2019年3月24日03時00分

 第91回選抜高校野球大会が23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、国士舘の選手は引き締まった表情で入場行進し、甲子園の雰囲気をかみしめた。

 開会式は午前9時に始まった。出場校の中で25番目に入場ゲートをくぐった国士舘の選手は、雲の間から差し込む日差しを浴びながら力強く行進。遠山樹人選手(3年)は「多くの人の声援や拍手に囲まれて行進するのは気持ちがよかった。この雰囲気の中で試合ができるのは楽しみ」と笑顔だった。

 先頭で校名のプラカードを持って選手を先導したのは伊藤丈瑠選手(3年)だ。「チームメートを引っ張ることができてうれしい。堂々と胸を張って歩けた」。自他共に認めるムードメーカーでチームに欠かせない存在だ。

 ベンチ入りを目指して練習に励んできたが届かなかった。昨秋の公式戦では応援団長としてチームに貢献。声を張り上げてスタンドをまとめる。得意だという「一発ギャグ」で仲間を笑わせ雰囲気を和ませる。そんなチームをもり立てるキャラクターに白羽の矢が立ち、プラカード担当に抜擢(ばってき)された。「貴重な経験ができた。試合では、選手が全力を発揮できるよう声をからしたい」と話した。(山田知英)